コンテンツへスキップ

旅行2日目は、いよいよメインの黒部ダムと立山黒部アルペンルートに行きます。宿泊先のホテルグリーンプラザ白馬を7時半に出発してトロリーバスが出発する扇沢駅に向かいます。

p1030137
ところが、本来ならホテルから20分程度で着く扇沢駅の手前600メートルの所で渋滞に巻き込まれストップ!!
駅の手前にある一般駐車場に入る車で大渋滞です。ちっとも動きません・・予約時間が刻々と迫る中、バスガイドさんが動きました。バスを飛び降りると、駐車場まで猛ダッシュ!!駐車場の係員を説得して反対車線を止めちゃいました(((( ;゚д゚)))

このバスガイドさんのお陰で扇沢駅になんとか予定の15分遅れで到着。(あとで、同じホテルを5分遅れで出発した別のバスの人に聞いたら、1時間以上扇沢駅で待ったみたいです。)よくバス旅行で重要なのは、天気はもちろん、添乗員さんとバスガイドさんと運転手さんと聞きますが、今回は大当たりでしたね。とにかく今回の旅行はどこに行っても大混雑でした。予定が狂いまくりです。そんな状況の中、阪急交通社の若い女性の添乗員さんは落ち着いて最善の対処してくれましたし、ベテランのガイドさんと運転手さんも臨機応変にフォローしてくれて本当に助かりました。

さて、初めて来た黒部ダム・・とにかくデカイ。

p1030156 p1030155
最初はあまりにも大きすぎて、その場では実感が沸きません。ところが展望台に上って全体を見ると、その大きさに驚きます。

ここで1時間過ごし、黒部平に行くケーブルカー乗り場の黒部湖駅に徒歩で行きます。こちらも人で溢れかえっています。

p1030173
地下を走るケーブルカーは日本中でここだけだそうです。普段は待ち時間はそれほどなく、スムーズに乗れるそうですが、この日はケーブルカーの収容能力を遥かに超る観光客が来たみたいです。(一般で、当日来た人は1時間半待ち)

黒部平に着くと、今度はさすが1時間半待ちです。(これで予定より2時間遅れ)遅めの昼食の御握り弁当をとり、ようやく写真等でよく目にするロープーウェイに乗りました。紅葉には少し早かったのですが、写真とは違う360度のパノラマが見れました。

p1030175
そしてトロリーバスに乗り換え、室堂平へ
いや~絶景です。気温は少し肌寒い程度で、天気は快晴です。頂上の雄山もハッキリと見えます。いや~ここまで来るのは大変でしたけど来て良かった~~!!

p1030238
室堂平でこの絶景ですから、きっと雄山ではもっと素晴らしい風景が見れるのでしょうね・・

いや、これまで登山をやっている人のことを「何で山登りなんかするのか??」と思っていましたけど、これ以上の風景が見れるなら、登山もいいかも・・・と思ってしまいました。

p1030215
そして、1時間半ほど室堂平で過ごし、高原バスに揺られ美女平駅へ(ここで17時)

p1030235
30分ほど待って、美女平から臨時バスで立山駅で観光バスに合流(18時・・)して名古屋に向かいました。途中、またしても大渋滞につかまり、名古屋駅に着いたののは予定の20時着の3時間遅れの23時でした。

さすがに疲れましたけど、あれだけの行程をこなすのは、バスツアーでなけでば無理だったのではないでしょうか?きっと、個人で行ったとしたら、途中で諦めて引き返してましたね。

とにかく、大満足のバスツアーでした。(唯一、心配だったのはバスの隣の席に座って、下の子供を面倒見てくれた蒲郡のNさん夫婦。終電に間に合ったでしょうか??)

 

0

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?わたくしは、家族で20日、21日に立山黒部へ行ってきました。ただ、シルバーウィーク中の真っ只中で、しかもETC割引を考えると高速道路はもちろん、現地もそうとうに混雑が予想されます。そこで、毎度お馴染みのバスツアーを利用しました。旅行会社はいつものように阪急交通社。ツアー名は「アルペンルートとトロッコ電車2日間」です。初日は黒部峡谷トロッコ電車に乗り、翌日は黒部ダムと立山黒部アルペンルートに行きます。

さて、当日・・・7時10分にJR名古屋駅西口に集合。7時30分出発。

p1030047
白川郷を通る東海北陸自動車道は避け、大回りだけど、名神から北陸自動車道経由で富山県の宇奈月温泉駅に向かいます。それでも予想通り、名神はもちろん、いつも空いている北陸自動車道もさすがに混んでいます。結局、宇奈月駅に到着したのは予定より1時間オーバーでした。

p1030092
宇奈月駅には観光バスが何十台も並び、一般の観光客もいて人、人、人・・・それでも、ツアーなので30分程度で乗車できました。(一般の方は1時間半待ち)

p1030061
トロッコ電車は遊園地の電車を大きくした感じです。

p1030062
この電車で宇奈月駅から鐘釣駅まで、黒部峡谷の壮大な景色を見ながら約1時間走ります。景色はもちろん綺麗でしたが、それよりも、よくこんな所に線路を引いて電車を走らせたもんだと関心しました。

p1030078 p1030080
鐘釣駅で下車し、有名な万年雪展望台へ(雪はありませんでした。)

ここで1時間過ごして、帰りも同じトロッコ電車で宇奈月駅に戻り、観光バスで宿泊先の長野県の白馬へ向かいました。

0

毎年恒例の町内会のバス旅行に行ってきました。コースは長野県の南信州ケフィアランド 伊那谷道中と梨・りんご狩り・・・果物嫌いの自分にとっては、あまり行きたくない所ですがしかたがないですね。

p1020999
まずは、長野県飯田市の伊那谷道中に高速を乗り継いで行きました。9時に出発して、途中休憩を入れても11時前には到着。

p1030001
入口
り前の食事処で少し早い昼食
信州そば、野沢菜など長野県の食材が並んでいました。

p1020997
そして、中に入ると昭和初期の伊那地方の伝統文化や食べ物、お酒、庭、雑貨などの展示してあります。でもこれって、何処かで見た風景・・・岐阜にある日本昭和村の長野県版??まさしくそっくり!!

p1030012
しかも、日本昭和村の方が遥かに広い。(中村玉緒もいるし・・)

p1030016
ここで、3時間を潰すのは大変でした。日本昭和村の方が遊ぶ所が多いし・・・何処に行ってもお金とられるし・・・ひと通り回っても1時間も時間が余ってしまいました。

次に向かったのが松川町にある果樹園。梨、りんご狩りは初体験です。(果物嫌いが行くわけない)

p1030026
食べ放題といっても、りんごや梨を5個も6個も食べれるわけないです。

p1030030
とりあえず、みんなの手前、りんごと梨を1個ずつ食べましたが・・・まぁ、マズくはない。ただ、子供達や他の人は「美味しい」って言ってましたよ。

0

今日は岐阜関カントリー倶楽部で行われている「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」に行って来ました。

p1020992
家を出る時、雨は降っていなかったのですが、8時過ぎに岐阜関CCに着くと、バケツをひっくり返したようなドシャ降りの雨です・・・そんな雨の中でも、さすがにメジャー大会。大勢のギャラリーが来ていました。さて、誰を見ようかな??

p1020991
本当は有村智恵選手か上田桃子選手に付いて行きたかったのですが、両選手は9:30以降のスタート。この雨ではサスペンデットになる可能性もあるので、すでにスタートしている選手を追いかけることにしました。ちょうど、小気味よいスイングが好きな韓国のイム・ウナ選手が1番のティショットを打ったあとだったので、しばらく付いて行くことにしました。

p1020988
まず、コースに出た印象は・・いつもの岐阜関とは全く違うコースです。とにかくフェアウェイをラフで狭めている上に、そのラフも相当伸ばしています。また、砲台グリーン手前の花道なんて10ヤードそこそこしかありません。しかも、この雨です・・素人目にもティショットをラフに入れるとパーオンは至難の業。これまで見た、女子プロトーナメントの中で最も難易度の高いセッティングです。

さて、イム・ウナ選手。この日はティショットが右に行きます。当然、そこには長いラフが待ち構えていて、どうしてもパーオンが出来ません。なんとか寄せワンでパーを拾っていましたが、5番ホールまで1オーバーでした。ここで古閑美保選手に乗り換え。女子プロって、小柄な選手も多いのですが、古閑選手は長身でスタイルもファッションセンスも良いので遠目で見てもひと際目立ちました。

p1020994
最後は原江里菜選手・・・今日はボロボロでしたね(;´Д`)

ただ、原選手は調子が悪いのにも関わらず、一つ一つの声援に応えてたり、小さな子供に微笑むなどファンサービスに心がけているのが良く分かりました。そして、原選手のラウンド終了と共に自分はギブアップ。とにかく凄い雨なんです・・・雨男とは自覚してましたが、トーナメントの観戦の時まで雨男とは・・・

0