コンテンツへスキップ

グレイスヒルズカントリー倶楽部に行ってきました。グレイスヒルズCCは、コースはもちろん、クラブハウスのエントランスホール、ロッカー、お風呂、コーヒーショップ、茶店まで全てがオシャレです。

p1020410
ところがコースの方はというと、何度もプレーをしていますが、どーも相性が悪い。一度もまともなスコアで回れたことがないのです。(簡単そうに見えるのに・・)

今日はゴルフ場のN常務とゴルフ場関係の方達とのラウンドです。天気は快晴、このコース特有の風もない。絶好のゴルフ日和。しかも、今週は2日おきの3回目のラウンド。条件は揃った!!

p1020409
スタートの1番はセカンドを4メートルに付けて軽~くパー。(幸先いいじゃん!)2番の長いミドルはセカンドをバンカーに入れてしまうがなんとかボギーに収める。しかし・・3番のショートやってしまった・・5番アイアンのティーショットを左に引っ掛けて池はかろうじて越えたものの木の根元へ・・2打目は右に出すだけ。3打目ザックリ。4打目寄らず。ここから3パットの。続く4番のミドルもセカンドをバンカーに入れてしまう。しかも大目玉!!ここでもトリ。これでぶっ飛んだ!!

p1020420
この後はもーぐちゃぐちゃ・・あっち行ったり、こっち行ったり。グレイスヒルズカントリー倶楽部の各ホールをあらゆる角度から拝見させて頂きました。

どーも、相性だけではないような気がする・・

0

福王カントリークラブに行ってきました。三重県の東名阪自動車道沿いのゴルフ場はほとんど制覇していますが、ナゼかこちらのゴルフ場には縁がなく今回が初ラウンドです。

p1020393
当日は小雨が降ったりやんだりの変な天気。(この時期はこれぐらいでちょうどいい?)南スタートの前半は一昨日の名四CCの後半始まったドライバーのチーピン病が直らず苦戦・・

p1020397
3番のパー4のミドルホールで2連続のOBで8。7番のミドルホールでもティーショットOBしてトリ・・8番のロングでバーディを取ってもようやく48の惨敗。(情けない)

p1020398
お昼に天津飯をやけ食いして、後半の西コースへ向かう。ところが、天津飯が良かったのか・・

p1020400
1番でいきなり約4メートルのバーディパットが入る。しかし、2番ショートで乗らず、寄らず、入らずのダボで1番のバーディーが水の泡・・3番のロングはボギー。ところが4番のミドルでセカンドがベタピンでOKバーディー。5番パーのあと、6番のミドルでチップインのバーディーが来た!!そして、7番のショートはパー。

p1020401
この時点でいつものような凸凹のスコアだが、バーディ3つが効いてパープレー。ここで悪魔の声が・・あと2ホール、パーなら何年かぶりのハーフパープレー。

予想通り、やっちゃいました。8番のティーショットで・・打った瞬間、低い弾道で勢いよく飛んだボールはギュ~ンと左に曲がり、林の中に消えて行く・・結局、このホールはダボ。9番のロングはボギー。

39。バーディーを4つも取りながらトータル87でした。

p1020402
あ~ツマンナイ!!

0

リオフジワラCCにはレストランの外のラウンジに焼肉コーナーがあります。しかし、自分はリオには何度もプレーには来ていますが一度も焼肉コーナーで食事をしたことはありません。(ビール抜きの焼肉なんて考えられないもんネ)

p1010146
ところが、今回、この焼肉コーナーでゴルフなしの業者会が開かれることになったのです。内心、『え~焼肉だけ食べに、リオまで行くの??』と思ったのですが、日頃、お世話になっている加藤副社長から言われると欠席する訳には行かず参加することにしました。

p1010144
こーなりゃ、ビールを飲めない分、『飛騨牛を食いまくってやる!!』と昼食を抜いて、いざ出陣!!ウーロン茶片手に食べまくって来ました。

0

わが社の社長のメンバーコースのグレイスヒルズカントリー倶楽部に行って来ました。こちらでのプレーは約1年ぶり。グレイスヒルズは、ティーグランドからグリーンが見えるストレートなホールが多く、一見簡単なように見えるのですが、この時期は風が強い上、少しでも曲がるとすぐにOB。また、グリーン周りも狭いので、間違えると大叩きしてしまうのです。その為、ティショットはある程度抑えても、フェアウェイをキープし、手前から攻めるのがコツ。しかし、頭でわかっているのだが実際にプレーすると・・

6c40db83
ここ最近、ドライバーは好調なので問題はセカンドショット・・ところが、いきなり1番、フェアウェイセンターからのセカンドを左に引っ掛けOB。2番でも同じくセカンドが、今度は右に押し出しOB。2ホール連続のセカンドOBで最初から苦戦。

4b297e45
ところが、茶店前の6番ショートでヤケクソ気味に打ったティショットがピン手前1メートルにつけ、バーディ。しかし、次の7番ミドルで好調なドライバーで左にひっかけOB2連発の。ここで、死にました・・とにかく、前半は凸凹のスコアが並んでしまった。同伴者の方が一言・・

なんか、毎ホール別人みたいすね・・

昼食にチャーシュー麺とグラスビールを腹に入れ、後半10番ホールに向かう。

11番のミドルでこの日2回目のバーディを取るも、12番のショートでやっちまった!?2オン5パットの7。しかも、17番のショートでも池にぶち込み5オン2パットの7。ショート2つで8オーバーでは話にならない・・

fd822b9f
ダブルペリアでハマったら、優勝ですヨ!
の言葉を胸に表彰式に・・

87ae0f02
案の定、どこもハマらず25位の飛び賞と6番のニアピン賞を受け取り、すごすごと会社に戻ったのです・・

0

今日は愛知カンツリー倶楽部の業者会です。9時すぎのスタートにも関わらず、8時前には練習場でボールを打っていました。広々とした練習場は本球で打てるし、なんせ、参加費はショップ以外の費用は全て含まれているのです。練習場で40球打ち、その後、練習グリーンに行って万全の体制。しかも、今日は得意のインスタート。

a80aaf48
予定通り、インコースは順調なスタート。後半の2ホールは以外は、まずまずのスコアでまわれた。昼食は10番の茶店に戻り、毎回食べる好物の炒飯の大盛りを平らげる。(これが本当に美味しい)最近のゴルフ場は豪華な食事を出すところが多いが、名門コースは品数も少なく、カレーライスとかそばなどの簡単なものが多い。(でも、それがゴルフ場の名物になっていて、愛知CCのお勧めは炒飯とシュウマイとチャーシュー麺とおでんデス)

ef81a7ab
さて、問題の後半。1番、2番は無事にホールアウト・・ここからが問題・・ティーグランドに立っただけで、何か嫌な予感。完全にトラウマになっている・・なんせ、井上誠一設計のコースは各ホール特徴があって、それぞれが違った顔を持つ。元々、今日プレーしたコースも夕方には忘れてしまうのですが、さすがに愛知CCは18ホール全てを覚えています。その為、過去の嫌な思い出がショットを打つ前に甦るのです・・

5ace0140
『この前、右にふけて崖に落ちて3発打ったな・・』

『あの、ガードバンカーでホームラン打ったんだ。』

『ここは左に引っ掛けてOBした・・』こんな感じ・・

e75feae8
一応、打っちゃいけないところを知っているので、そこを避けて打つつもりですが、これが摩訶不思議で、決まってそこに行ってしまう。

さて、本日はというと・・今日も同じ間違いの繰り返し。(学習能力ゼロ・・)特にHC1の5番の長いミドルは、なんと10の大叩き!!(二桁叩いたのはいつ以来だ?)この時点でもーダメ。その後は毎回お決まりのパターン。(本日のゴルフはこれにて終了。早っ!)

c3baf376
表彰式では豪華な賞品を横目に一度も名前も呼ばれることもなく、バイキングの食事をやけ食いして、参加賞のいちごと愛知カンツリー倶楽部の帽子をもらって退散しました。


愛知カンツリー倶楽部の過去の記事はコチラ

0

今年初めてのゴルフは東名古屋カントリークラブ。今日まで2ヶ月以上もクラブを触っていません・・東名古屋CCの業者会はこれまで東コースで行われていましたが、今回は初めて西コースでの開催。東名古屋CCの西コースといえば、日本オープン、日本女子オープンの開催コースで、愛知県では名古屋GC和合コース、三好CCの西コース、愛知CC東山コースと並んで、県内屈指の名コースと知られています。

%e6%9d%b1%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%ef%bc%92
さて、プレーの方といえば、同業者の社長(二人)と、東名古屋CCの加藤常務の3人とインスタート。久しぶりの西コースのフェアウェイは霜で真っ白。(とにかく寒い・・・)とにかく、OBだけ気をつけて今年最初のショットを打つと、フェアウェイの真ん中に行ってくれました。(こりゃ幸先いい)

f4344276
しかし、そのあとが大変・・グリーンがカチコチでコンクリート状態になっている。直接、グリーンに乗せたら遥か彼方に行ってしまう。とにかく前半はグリーンを行ったりきたりの繰り返し。特に12番ホールのショートでは直接グリーンに落ちたにも関わらず、大きく跳ねてOB!!同伴のY社長には『こんな日は手前から攻めなきゃ!!』と言われてしまった。(社長みたいにグリーン手前20ヤードからパターでピン10センチにつけるような器用なことは出来ません!!)

5541c8f0
そんなこんなで前半はいつものようにバタバタだったが、後半になると、気温も上がり風も全くない、この時期には絶好のコンディション。いつもは天候とスコアは比例しないのだが、この日に限っていえば、OBの1発は余分だったけど、ボチボチのスコアでまわることが出来た。

bee0c7e8
トップスタートだったので、ゆっくりお風呂に入り、表彰式に出席。バーディをとったり、大叩きしたりと、デコボコのスコアだったので、多少は期待していたが、今回も何もナシ。参加賞のイチゴ(ひとつが普通のイチゴの4倍以上)を貰って家路に向かいました。

340153d1


東名古屋カントリークラブの過去の記事はコチラ

0

平成18年になってになってすでに2週間・・・年明けからゴルフ場への年始の挨拶や、会社への提出書類の作成の為にブログを更新する時間がありませんでした。年始の挨拶は毎年恒例。問題は会社への提出書類・・なんせ、昨年暮れは30日まで仕事をしていたので、12月の報告書すらやってなかった・・普段でさえ、うちの会社は提出書類が多い上、今回は17年度の年間データーもまとめないといけない。結局、全てが終わったのが12日の木曜日の午後。普通に仕事しているより疲れた。

ようやく、ひと仕事終えたので暇つぶしにネットを眺めていると、1月1日からの市町村合併の記事を目にする。記事を読むと、三重県の久居市、一志町、芸濃町などが津市と合併になっている。(全然、知らなかった)三重県は近年、毎年のように大きな市町村合併があり、いなべ市や伊賀市が誕生している。

%e9%88%b4%e9%b9%bf%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96
↑ 住所が津市になった、鈴鹿カンツリークラブ

しかし、今回の津市への合併は範囲が広い。北は芸濃町、南は美杉村の方まで、み~んな津市になっちゃった!!ゴルフ場でいうと北は鈴鹿カンツリークラブ、南は美杉ゴルフ倶楽部までが津市。鈴鹿カンツリークラブが津市なんて、長年の感覚で理解しにくい。おまけに、伊勢自動車道路沿いで並んでいる、芸濃セントラルGCが津市で、タートルエースGCが亀山市なのも変な感じ・・・とにかく関係する20コースのコースガイドの住所を変更した。

dsc01256
↑ 住所が亀山市のタートルエースゴルフ倶楽部

でも、よくよく考えるとゴルフ場どころか、うちの会社の顧客の住所も変更しなきゃいけない・・・ん~めんどくさい・・・

0

昨日は深夜の4時に義妹の車で万博会場北ゲートの駐車場に到着。最初は西ゲートから長久手日本館と愛知県館に向かう予定だったが、事前の情報で西ゲートの列はコメダ珈琲を越えてクロネコヤマトの先まで行っているとのこと。そこで、西ゲートをやめて、北ゲートから入ることにした。しかし、到着すると北ゲートの列は万博西駅の方まで続いており、最後尾がわからない状態。

img_0001
諦めかけたところに、たまたま列に並んでいた人から声がかかった。よく見ると、以前会員権を買ってくれたお客さん!!地獄に仏とはこのこと・・列に割り込ませてくれた。(徹夜組のみなさんゴメンナサイ)しかも、その方は、前日の昼間から何人かで交代で並んでいて、そうとう前の方。結局、北ゲートの前から約20番目に並べてしまった!?そこで方針転換!!これまでの経験で、この位置なら十分、日立、トヨタグループ館の予約券がもらえると思い、日本館と愛知県館は後回しすることにした。8時10分の開門と同時にダッシュで日立へ。そのまま、トヨタに向かい予定通りに両館の予約券を獲得。

img_0004
休む間もなく、三井東芝の当日予約に行ったが、直前で締め切り。やむなく、日本館に向かったが、これも本日の予約は終了。そのまま並ぶと3時間待ちだったので、愛知県館に行く。到着すると20時から始まる最終公演の予約だったら可能と言われる。

img_0025
本当は地球広場で行われるフィナーレを見ようと思っていたが、アテンダントの女性に聞くと、『絶対にこっちの方がいいですよ。あちらは見ようと思えば予約なしで、どこでも見られますよ。』との言葉を信じて予約を入れる。この後、ついでに近くのグローバルハウスのブルーを獲得。次に向かったのは、先着2000名にメイプルシロップ付のパンケーキを配るカナダ館。これも15分程度でゲット!!

img_0030
ここでひと休みして、今後の予定を立て直す。そこで、トヨタの予約時間に差がないブルーを止めて、日本館に並ぶことにした。日立(5回目)、トヨタ(3回目)を見たあと、日本館で待つこと2時間半・・

img_0017 img_0018
ようやく入場すると、館長の竹下景子、渡辺貞夫、中川経済産業大臣と同じ時間に見学できた。この日は閉会式の為、皇太子殿下、小泉首相らの日本のVIPからタレントが会場中のあちこちで見られ、ビデオやデジカメで撮りまくった。日本館を出た後は外国館(ヨーロッパ)に行って時間をつぶす。

img_0010
夕食を済ませ、7時40分に愛知県館に向かう。事前の評判はあまり良くなかったが、最終公演は観客、全スタッフが見守る中、地元で人気の天野鎮雄(天ちん)が博士役を演じ、女優で奥さんの山田昌さんや総合プロデューサーの山根一眞氏も駆けつけ、開演と同時に会場は大盛り上がり!!劇の終了後には、これまで出演した俳優、アテンダント、スタッフと観客が三本締めを行った。その後、閉館時には全スタッフが両サイドに並んで見送ってくれた。なかには泣き出すアテンダントもいて、それを見た息子の目にも涙が・・・とにかく感動の最終公演だった。

img_0044
その後、地球広場のファイナルステージを横目に各パビリオンを覗くと、それぞれがお別れのセレモニーを行っていた。そして、帰りのバスに乗るために東ゲートに向かう。途中、スタッフ、警備員、ボランティアの人達と握手をしてお別れした。いや~行って良かった閉幕日。万博は本当に楽しかった!!

img_0036

0

リゾートトラスト系列のザ・トラディションゴルフクラブの名義変更手続きの説明会に行ってきました。実は募集をやっていた関係で工事中は何度もお客さんを案内したことがありますが、開場した後は初めて。

img_0020
オープン当初からJ・二クラウスの設計のゴルフ場では国内トップクラスと聞いていたので楽しみにしていました。まずクラブハウスに入ると、その豪華さに驚かされる。フロント、ロッカールーム、レストラン等、全てが統一された、落ち着いた雰囲気だ。練習場を覗くと打席数も長さも十分で、試合球が打てます。

img_0019
さて、問題のコースの方だが、典型的なアメリカンスタイルのゴルフ場。各ホール、大きな池とあごの高いバンカーがポイントポイントに配置されていて、グリーンは高低差のあるベントのワングリーン。ラウンドして感じたことは、セカンドショットで直接ピンを狙うと罠が待ち構えていて、ミスをするとすぐにダボになってしまう。逆にボギー狙いで安全なルートで攻めると比較的、安定したスコアで回れると思う。全体的には非常に戦略性の高いコースと感じた。今日一緒にラウンドした若林支配人に聞くと、冬場はそうとうな風が吹くといいます。そうなるといっそう難易度も高くなると思われます。

img_0014
レストランでは天丼を食べました。大きな海老と野菜の天ぷらは歯ごたえがあって美味しかった。ラウンド終了後、予定より30分遅れの5時半から夏目常務理事と若林支配人の挨拶で説明会が始まりました。詳細は以下の通り・・・

名義変更解除日 平成17年10月1日

名義変更料(消費税込)
正会員(個人・法人) ¥1,050,000-
平日会員(個人・法人)  ¥525,000-
相続、代行登録料      ¥52,500-
同一法人内変更料      ¥52,500-

年会費(諸費税込)
正会員(法人・個人) ¥29,400-
平日会員(個人・法人)¥14,700-

入会資格

  • 1. 会員の推薦のある方(1名)
  • 2. 会則及び諸規則を承諾し、遵守する方
  • 3. 公序良俗に反する職業でない方
  • 4. 当クラブの会員としてふさわしいと認める方
  • 5. 日本国籍を有する方

その後、会員権業者各社から積極的に質問が寄せられました。質疑応答後、懇親会に移ったが、全員の関心事は、『いったい、いくらの相場が付くか?』。この数年来、この地区でも、いろんなゴルフ場が名変解除をしてきましたが、その多くは民事再生等の法的処置の為、一時的に停止していたのを解除した場合や新規募集する為に停止していたゴルフ場。少なくても過去に相場が立っているゴルフ場です。しかし、ザ・トラディションゴルフクラブは初めての名変解除。同ゴルフは平成10年に株式制で募集を開始している。バブルはとうの昔に終わり、募集時期とうれば非常に厳しい時期でしたが、募集は大成功しました。理由としては、リゾートトラストという会社の信頼性や岡崎インターチェンジから約10分という立地の良さ、近郊に同じようなゴルフ場がなく、愛知県で開発される最後のゴルフ場でトヨタ自動車の奥田会長など中部財界のトップクラスが理事に就任したことなどがあげられます。元々、投資目的で入会した人はほとんどいません。オープン後3年という期間も含めて、他のゴルフ場のように解除直後から売り手が殺到するとは思えません。実際、当社にも買いたいという問合せはあっても、売りたいという問合せは数えるほど。これらの理由で、ある程度の相場は付くと思われますが、実際にいくら?といわれると非常に難しい。ゴルフ場サイドも、『相場は気にするが金額については市場に任せる。』とのこと・・・結局、『蓋を開けて見なければ判らない。』ということで懇親会は終わりました。


ザ・トラディションゴルフクラブのその他の記事はコチラ

0

本日はスリーレイクスカントリークラブで視察会です。朝、家を出るときはドシャ降りの雨。こりゃ中止か??と思いながら高速に乗りました。ところが長島インターを過ぎた頃には雨も小ぶりになり一安心。

img_0002
8時すぎにコースに着くと、今日、ご一緒にラウンドする澤田支配人と辻室長が出迎えてくれました。実はスリーレイクスでラウンドするのは10年ぶり。(前回まわった時の印象は記憶の彼方へ・・・)まず、コースに出て、驚いたのがコースコンディションとレイアウトの素晴らしさ。

img_0004
最近、ビジター重視のゴルフ場が多い中、これほど手入れの行き届いたゴルフ場は近頃珍しい。それと18ホール全てのホールが異なる印象を与えるレイアウトが素晴らしい。また、グリーンまわりに配置されたガードバンカーがプレッシャーを与え、上級者にとって、攻めがいのあるコースだと思う。

img_0005
ラウンド終了後、お風呂に入って、澤田支配人と辻室長から食事をしながらゴルフ場の運営方針の説明を聞く。とにかく、メンバー重視の運営が徹底している。元々、メンバー数が750名なので、予約はとりやすいが、それでもメンバータイムを毎日アウト、インに4組づつ設けている。月例会はエントリーなしの到着順の受付け。シーズンでも1日の組数は最大で40組に限定してハーフで待たせるようなことはしない。また、メンバー同伴のビジターには割引をする。しかも、このゴルフ場は預託金の償還を希望する人には、すぐに返還している。・・・とにかく、メンバー第一主義なのだ。

img_0006
本日は、『やはりゴルフ場はコースと運営が第一』と改めて感じました。(ちなみにスコアの方はノーコメント・・・)

0