コンテンツへスキップ

大阪にいる叔母は大のバス旅行好きで、しょっちゅういろんな所に行っています。そこで、うちの家族も年に何回か便乗して一緒に行くのですが、先週、「智頭町散策、鳥取砂丘、カニ料理20品食べつくし+温泉日帰りバスツアー」なるものに行ってきました。

このツアーは・・AM7:00に大阪梅田に集合して、1日で鳥取県の智頭町の町並みの散策して、お土産やに3回寄って、カニ料理を腹いっぱい食べて、ついでに鳥取砂丘を見て、おまけに温泉に入って、梅田にPM8:00に戻るという中身の濃~い行程です。

最初に行ったのは鳥取県の智頭町の町並みの散策。時間は40分・・こちらは石谷家という木造平屋建ての古民家。ここは前を通っただけでスルーです。

p1010244 p1010245
次に行ったのは地元の酒蔵へ地酒の試飲へ・・ここでは1杯だけ飲んで、すぐさま吉永小百合や山口百恵の映画を撮った西河克己監督の記念館に・・ここもひと通り見ておしまい。

p1010263 p1010265 p1010268
確かに、昔にタイムスリップした町並みでしたが、正直言って飛騨高山の方が何倍も良かったです。とにかく、たった40分では1ヶ所をゆっくりと見る時間なんかはありません。

次はメインの鳥取砂丘へ・・途中、旅行会社と組んでいるであろう、二ヶ所のお土産やさんに立ち寄りました。(ここで20分×2の40分を消費)そして、いよいよ鳥取砂丘へ

ところが先にカニ料理20品をやっつけないといけません。このカニ料理20品と鳥取砂丘見物をあわせて70分です。難敵はカニさんです。味は並ですが、品数もボリュームも凄い。そしてなにより食べるのに時間が掛かる。結局、食べ終わるのに50分以上を消費・・

p1010305 p1010286
目の前に広がる鳥取砂丘を見る時間は約10分しかありません。初めて見る鳥取砂丘は日本海をバックに広大です。こんな景色は初めて見ます。(ただ、実際は砂以外にほかに見るものはないけど・・)しかし、それにしても10分では記念写真を撮るだけで終わり。

p1010289 p1010290
そして、すぐさまバスに乗り込み、あわくら温泉へ・・ここでも途中でお土産やで15分。結局、行き帰りの3ヶ所のお土産やで使った時間は約1時間。これを鳥取砂丘で使えればと思ったのは自分だけかしら??

p1010320
それでも、とにかく慌しかったけど、費用は全てぶっ込みの8,800円は安かったかな??

0