コンテンツへスキップ

先週、リオフジワラカントリークラブ開場40周年記念の「名古屋ヴィルトゥオーゼン」のクラシックコンサートを聴きに行ってきました。

1
名古屋ヴィルトゥオーゼンは、名古屋フィルハーモニー交響楽団のメンバーを中心に、2004年に結成され、様々な場所で管弦楽を演奏しています。この日はヨハン・シュトラウスのポルカとワルツを演奏してくれました。

2
正直、曲目を見ても、聞いたことあるのは「美しく青きドナウ」・・ただし、「美しく青きドナウ」どんな曲だった記憶なし。^ ^; 演奏が始まると、この曲なんだ・・って感じ。

3
アンコールの「ラデツキー行進曲」も運動会で毎回聴いた曲。クラシックの知識はこんなもんです・・ただ、生でバイオリン、クラリネットとかを、目の前で聴くことは、まずないので、いい経験でした。(´▽`)ノ

4
さて、リオフジワラCCでは3月31日より、中里コースのナイター営業が始まりました。どんな感じか、ゴルフ場の方に頼んで見てきました。

9
ナイターゴルフはレストラン、お風呂、茶店、ロッカーの使用が出来ませんので、マスター室前にお握り、ホットドックの販売をしています。

5
1番ホールのティーグランドと9番グリーンを見てきましたが、昔、定光寺やメトロポリタンのナイター経験はありますが、LED電球を使っているためか、思った以上に明るい。ラフに入ると探さないといけないそうですが、フェアウェイはまず大丈夫だそうです。

6 7
まだ、夜になると肌寒い4月にも関わらず、週末には20組の予約が入っているそうで、お客さまの評判も上々・・これから、夏場に向けて、いろんな企画を催すそうです。興味のある方は是非お試しを・・(*^ー^)ノ♪

リオフジワラカントリークラブの過去の記事はコチラ

0