コンテンツへスキップ

こんにちは石井です。今回も前回に続きまして、倉敷の、祖父の家から出てきた、古い硬貨を紹介いたします。

027鳳凰の100円銀貨2枚です。第二次大戦後 最初に発行された、銀貨で、以前紹介しました、板垣退助の百円紙幣と並行して発行されました。009010昭和32年と昭和33年の2年間だけ 製造されました。 表が鳳凰で

裏が 旭日と桜 まだ戦争のにおい?がしそうな図柄です。総重量4.8グラムで銀60%銅30%亜鉛10%で硬貨なので法律で潰すことはできませんが、銀の値段だけでも、200円以上みたいです。現在でも100円として使えるそうですが、コレクションに入れておきます。

(14)に続く

1+