コンテンツへスキップ

翌朝は、6時半から朝のお勤めに参加して、義弟の法事を行い、朝食を食べて、奥之院に・・世界遺産高野山の聖地。奥之院の入り口の一の橋。弘法大師が送り迎えしてくれると言われ、一礼して渡ります。

20191020101504_p
弘法大師の御廟がある奥之院までの2キロの参道脇は、杉の大木と20万基の墓石、慰霊碑、供養塔が建てられています。

20191020084855_p戦国時代の武将や歴史上の人物のお墓が、敵味方関係なくありました。

大河ドラマの主人公がズラリ。
武田信玄・勝頼(左が信玄で右が勝頼)

20191020100533_p
豊臣家墓所
豊臣秀吉、秀長などの豊臣家一族のお墓

20191020094616_p
伊達政宗は変わった形

20191020100201_p
織田信長は意外と小さい・・

20191020091730_p
来年の大河ドラマの主人公明智光秀

20191020095757_p一番奥の護摩堂を超えると御廟橋、その向こうに燈籠堂と御廟があり、橋の手前から撮影禁止。

20191020085829_p
燈籠堂は1000年もの間燃えている、「消えずの火」があり、御廟は弘法大師が現在も禅定を続けているとされています。毎日5:30と10:30に食事を持っていくそうです。

20191020091003_p
たまたま1週間の間に、日本の聖地と言われる、伊勢神宮と高野山に行くことが出来ました。伊勢神宮には何度も行っていますが、毎回宇治橋を渡ると、ちょっと違う雰囲気を感じますよね。高野山奥之院も一の橋を渡ると、同じような感じになりました。

1+

伊勢神宮の後は高野山・・奥さんの母方の実家の菩提寺がありまして、義弟の法要と永代供養の手続き行ってきました。義母が足が悪い為、車で寄り道しながら4時間半掛かりました・・(;^_^A

荷物を宿坊に置いて、まずは真言宗の総本山金剛峯寺に・・
主殿の各部屋のふすまには、襖絵がほどこされており美術館のよう。

20191019153015_p境内にある蟠龍庭(ばんりゅうてい)・・国内最大級の石庭だそうです。紅葉には少し早かったみたい。

20191019150813_p 20191019151034_p
外に出ると周りは凄い霧と雨・・

「壇上伽藍・中門」は819年(弘仁10年)に作られ、その後、1843年の焼失から「中門跡地」として残り、2014年(平成26年)に173年ぶりに再建されたそうです。これ、1本の釘も使ってないそうです。裏面表面の両脇の間口に安置されるのが有名な四天王像。

20191019160941_p
壇上伽藍「金堂(こんどう)」高野山の重要な行事をこちらで執り行われているそうです。819年(弘仁10年)に創建され、何度も焼失。現在8代目だそうです。

高野山には、ガイドさんが色んな所に居て、観光客に説明していますので、勝手に聞こえてしまいます。<(_ _)>

20191019154037_p
宿坊の夕食は精進料理。当然、野菜ばっかりなんで、何品か増やしてもらいました。女性陣はこれで十分だそうです。(^ ^ゞ

20191019173722_p
夜は、宿坊の人に勧められた、「奥之院ナイトツアー」に参加。集合場所の恵光院に行くと、すでに大勢の人が・・80人ぐらい??そのうち、半分が外国の人達。若いお坊さん、流暢な英語で説明してました。

20191019190940_p 20191019190423_p奥之院の入り口から、2キロ先の弘法大師空海さまが居る「御廟」までを、案内人が高野山や弘法大師にまつわる話を聞きながら歩いていきます。周りは真っ暗闇・・両端の灯篭の小さな明かりと案内人が持つペンライトのみ・・

20191019194616_p
こんな幻想的な光景は初めて。ただ・・2キロの間、20万にも及ぶ、墓標やお墓がほとんど見えません。(^ ^ゞ

翌日、もう一度来ることにしました。

1+

台風19号による被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

実は、台風19号が日本列島を縦断した、2日後に町内会のバスツアーで、伊勢神宮に行ってきました。前日に尾鷲市や志摩市や、五十鈴川の様子をテレビで観て、中止かも?と思っていたのですが、無事に行くことができました。

ルートは夫婦岩と内宮参拝。
先に夫婦岩に行くと、祝日にも関わらず、あまり人がいない。
遠方からのバスツアーがいくつか中止になったようです。
台風の影響で、しめ縄が切れていました。

1
バスで15分ほどの内宮に移動。
こちらも、普段の祝日に比べ、参拝者は少なめ・・

2心配した五十鈴川は、増水の為、立ち入り禁止でした。
ただ、被害はそんなにない様子。

3
この日は、「神御衣かんみそ祭」という、神様の衣替えの神事が行われてました。

4
参拝を済ませた後、となりのおかげ横丁に・・
いつもと同じで、ふくすけで伊勢うどんを食べ・・

5
赤福本店で赤福を食べる。
毎回同じパターン。

7
この日、頂いた御朱印。

どこの神社でも御朱印帳は買えますが、最初のページは伊勢神宮のために、空けておいた方が良いと聞いたので、そうしてます。今回は新しいものを買ったので、最初から・・

8

1+

こんにちは、今川です。

先週の土日に山梨県に行ってきました🎵

大学時代のサークル仲間とその家族、総勢30名ほどでコテージに宿泊

F25CA278-3B2D-49BC-842D-141B0E06ACA0

うちも家族みんなで参加してきました

場所は河口湖のすぐ近くで、富士山が良く見える!!

IMG-2744

ずっと雲がかかっていて綺麗な富士は見れませんでしたが、笠雲という雲が見られました地震の前兆のうわさがあったりなかったり…何事も起こりませんように。

IMG-2743

色んな人にかまってもらえて、我が家のわんこも上機嫌

IMG-2761

 

IMG-2741

夕方から夜にかけてはBBQ屋根付きなので雨の心配もなく楽しめました(⌒∇⌒)

IMG-2745

まるごとリンゴのケーキ↓(リンゴをくりぬいてホットケーキ生地を流し込んであります)

IMG-2756

私は早々に就寝しましたが、多くの人は朝まで飲み明かしていたみたいです(笑)学生時代に戻ったみたい

翌日はチェックアウトを済ませてから車で20分ほどある『ふじさん牧場』へGO

羊たくさん。人が入っているんじゃないか、というくらい発音よく『めええええええ』と言っていました

IMG-2782

 

IMG-2780

羊のミルクやり・えさやり体験や、乗馬体験もできました🎵うちのわんこはなぜか小さな羊にはビビり、大きな馬には威嚇してました。なぜ?(笑)

ソフトクリーム美味しかったなぁ。

来年も参加したいね、と話しながら帰路につきました

2+

こんにちは、武田です。
土日を利用して福井県に行ってきました。

13時頃に名古屋インターから高速に乗ってひたすら走り、賤ヶ岳SAで少し休憩、15時過ぎに敦賀駅近くのホテルでチェックイン。

現地集合の友人たちと待ち合わせ、福井グルメを堪能した夜になりました(*´▽`*)
IMG_0988IMG_0989敦賀駅近くで飲み会。
ここは昼休憩ナシで営業されている居酒屋さんで、0次会で利用。
本番は18時から。
IMG_0991最高に美味しかったカワハギとカラスミ。
カワハギの身に肝と山葵で醤油につけて。
岩牡蠣や鱧の湯引きや貝の刺身も食べましたが、これが一番ヒット。
IMG_0997IMG_1001みんな揃っての1次会は「居酒屋五味」さん。
本当に常連の人しか入れなさそうな赤ちょうちん。

料理の提供に時間がかかるのでと一人2000円分の料理をお任せで先に注文しましたが、その量がすごい!

追加することなくそれだけで満足してしまいました。
IMG_1008ハマグリの酒蒸しにやはり美味しいお刺身。
近くの漁港で取れた新鮮な海鮮に大満足の夜ごはんでした。
IMG_1011IMG_1012そこから、飛び込みでバーに行き話に花を咲かせてから、最後には国道8号線沿いの屋台ラーメン。

敦賀のラーメンと言えば屋台ラーメンなの?
初めての経験でしたが、この雰囲気良いですね。

土曜日の23時頃に、屋台ラーメンは待ちの人がいっぱい。
9人で行きましたが少しの待ちで済み、しかも私たちが注文したら「麺終わり」と。
あっさりしたラーメンをするすると頂き、翌日のラウンドに向けてひと眠り。

運転疲れと胃が重いのとで途中眠くてホテルついて即寝。
翌日は6時半出発で敦賀国際ゴルフ倶楽部へ♪
IMG_1019IMG_1022IMG_1023

2+

長野駅の東口のコインパーキングに車を停めて、シャトルバスに乗ったのが5時すぎ。
この日も長い列でしたが、台数が多いので、そんなに並ばなくてよかった。

2
ビックハットにはすでに大勢のファンが・・凄い人気だね。

1
この日は入場の際、サリウムを渡されました。アンコールの時に、小田さんにドッキリを仕掛けるって話でしたが、バレバレでした。(^ ^;

3
席はスタンドの2階席。といっても、正面の貴賓席みたいな所で、全体が見渡せて、いい席でした。

4ライブはアンコールを含めて、約3時間。
71歳とは思えない、歌声を聴かせてもらいました。気になる、次のツアーについては、この日も言及しませんでした。

5
閉演後、すぐにシャトルバスに乗って、長野駅に・・車に乗り換え、一路名古屋の自宅に・・高速飛ばして、着いたのは夜中の2時デシタ。(信州の旅 終わり)

1+

戸隠神社を昼過ぎに出て、長野市内に戻り、善光寺に行きました。

境内入口から本堂までの仲見世通りの両脇には、たくさんの土産物屋や飲食店がありました。1軒ずつ覗いてみたいのですが、時間がない・・・

1仲見世通りを歩いていくと、正面には重要文化財に指定されている山門。

デカい・・\(◎o◎)/

8
拝観料500円を払うと楼上に上がることができます。本堂とのセットで1,000円払いました。善光寺平を一望・・

3
そして・・国宝 善光寺本堂。創建「644年」で、何度も火災にで焼失し、現在の建物は 「1707年」のものです。本堂もデカい・・(◎_◎;)

2
写真や映像では見た事がありますが、実物はもっと大きく見えます。

本堂で参拝後・・善光寺に行くなら地下に行け。と知り合いに言われたんですけど・・地下??って何のこと??

これが、「お戒壇めぐり」と言って、お堂の下の暗闇を歩いて「極楽の錠前」というのがあるので、そこを触るというものだそうです。

本当に真っ暗闇なので、少し怖いものがありますが、なんとか、錠前らしきものを触れました。(*^^)v

4
帰りに、善光寺は宗派を問わない無宗派のお寺で、誰でも永代供養してくれるというので社務所で相談して、長野駅に向かいました・・(次で終わりです)

1+

戸隠蕎麦の「うずら家」さん。
中社の鳥居の真横にあるお店なんですが、噂通りのお店でした。開店の10時半すぎに行ったのですが、平日にも関わらず、すでに何人もの行列。中社の周りには、他にもお蕎麦屋さんがたくさんあるのに、行列ができているのは、コチラだけでした。

20190620105038_pただ、名前を記帳しておけば、順番が来れば、店員さんが呼んでくれます。お行儀よく並んでいる必要はありません。中抜けしても、戻った時に店員さんに言えば、優先してくれます。

20190620105228_p
お店の前に、そば粉や蕎麦のお饅頭などが、お土産で売っているのですが、飛ぶように売れていきます。20190620105253_p
中社に参拝後、ほとんど待つことなく店内に・・
まずは、店員さんのお勧めで、そばがきを注文。
ふっくら、ふんわり。いろんな薬味も付いて、味を変えて食べれます。

20190620113900_p 20190620114038_p
お目当てのお蕎麦は、これも店員さんのお勧め「大権現盛り」 1,980円
大ざる盛りの2倍の量なんですが、ひとりでも食べれます。そばの盛り方に特徴があって、ひと口サイズに並べてあります。

肝心のお蕎麦ですが、食通でもグルメでもないですが、いままでに食べた蕎麦とは全く違うことぐらいはわかります。美味しかった・・

20190620114557_p
「高原野菜の天ぷら盛り合わせ」950円
10種類の野菜の天ぷらは、これだけでもお腹いっぱいになります。

20190620114627_p
お蕎麦も美味しかったですが、長野県を代表する有名店にも関わらず、食べログにも絶賛されているように、接客が素晴らしい。アルバイトを含めた店員さん全員が親切丁寧・・お蕎麦も美味しいし、接客もいい・・行列が出来るもの分かりました。

1+

奥社から車で10分の所に中社(ちゅうしゃ)があります。ここには、お蕎麦屋さんやおみやげ物屋さんが何軒もあり、五社の中で最もにぎわっています。

1
まずは、大鳥居横にある、戸隠そば人気店の「うずら家」に行って、予約表に名前を記入。10時半開店ですでに40分待ちでした。(゚Д゚;)

2
うずら家の順番待ちの間に、すぐ横にある中社を参拝。境内には樹齢700年という、大きな3本の杉の木がありました。

3
どこの神社の社務所や授与所には、御朱印目当ての行列があります。

6うずら家で食事をしてから、車ですぐの宝光社。
前には長い石段・・下から見上げると垂直に見えます。

4
手すりに掴まりながら、270余段の石段をハアハア言いながら登ると、かつては神社ではなくお寺だった面影を残す寺院建築の社殿がありました。

5

まだ続く・・

1+

2日目は朝から走り回ります。
8時にホテルを出発・・1時間ほどで戸隠神社の奥社の駐車場に到着。奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社あって、名前の通り、一番奥にあるのが奥社です。

20190620091553_p
奥社参道口にある大鳥居↓をくぐり抜け、随神門まで1キロ歩きます。

1
この随神門まで一直線の道・・

2
随神門を抜けると、両端に樹齢400年以上の杉並木。ここから奥社まで1キロ・・
こんな景色は初めてみます。

20190620093500_p
しばらくすると、階段があり、ここから急斜面を登っていきます。
ここからがツラかった・・(-_-;)

20190620094038_pヘトヘトになりながら、ようやく奥社に到着。思ったより、小さい。

3
参拝後、御朱印を貰い、おみくじを引きました。ここのおみくじは、神主さんに数え年と性別を告げると、社務所奥で祝詞を読み上げてくれ、手渡されます。他の神社は読んだおみくじを木に括り付けますが、こちらは持ち帰るそうです。なんだか、ご利益がありそう・・ちなみに、末吉デシタ。(^ ^;

20190620095942_p
帰り道には、奥社に向かう、小田和正ファンと思われるご婦人たち・・
実は小田和正が、前々日にこの奥社に参拝に来たことを、ライブ途中の御当地紀行で紹介していました。初日知ったファンが、その場所に行くみたいです。

20190620102100_p世の中には知らない世界があります。^ ^; (続く)

 

2+