コンテンツへスキップ

協賛スポンサー各位・・岐阜関CCから日本オープンの感謝状と最終報告が来ました。見ると、ギャラリー累計が17,089人。昨年の狭山GCが45,257人で、日本オープン歴代2位のギャラリー数に比べると淋しい数字。

IMG_20171023_162822
ただ、去年は天候にも恵まれ、初日、2日目に松山英樹、石川遼、アダム・スコットのペアリングに、松山英樹優勝と重なったけど、今回は、松山、アダム・スコットが欠場。日本復帰戦の石川は予選落ち、おまけに、初日以外は雨という三重苦。これは、ゴルフ場のせいじゃないもんね。(''◇'')ゞ

IMG_20171023_162810
ただ、この日本オープン開催の為に、コースと施設はめちゃくちゃ良くなった。うちとしたら、こっちの方が大きい。(*^ー^)ノ♪

ちなみに日本ツアー最多ギャラリー数は、1992年の中日クラウンズの61,530人だそうです。

0

こんにちは、武田です。
JGA主催の日本オープンゴルフ選手権競技の観戦に、初めて岐阜関カントリー倶楽部に行ってきました。

いつもは車でギャラリー駐車場まで行き、ギャラリーバスに乗り込み会場に向かいますが、この日は一緒に行った方がゲストパーキング付のチケットがあるとのことで、朝からテンションアップ★
IMG_7156ゴルフ場に直接乗り入れ^^
運転席側に見えやすいところが無かったため、助手席に提示していたらすごく見えにくかったみたい。。ご迷惑おかけしました(^_^;)IMG_7158朝6時半に自宅を出発して、8時着。
大好きな片山晋呉選手の練習をしばらく眺めてから、ギャラリープラザで一服。
前日の夜から雨が降り続いていたこともあってか、早い時間だからか、広いエリアはまだ閑散としていました。
IMG_7166場内撮影禁止のため、写真はここまで^^
東コースのインとアウトを入れ替えて、1番と10番のロングをミドルにして設定したコースは、本当に本当に難しそう…

私が回るとしたらレディースからですが、それでもフェアウェイは狭いしグリーン周りにバンカー、池など巧みに配置されているし、少しでも逸れると恐ろしく絡まりそうなラフがモワモワと(^_^;)

1番ホールから片山選手に着いていくも、ツーサムの速さについていけず2番ホールを上がった3番ホールで見送り後続の選手のティーショットを見学。

2組目くらいからまた着いてグリーン周りまで歩き、数人のアプローチ、パターショットを見学。

7番ホールの上に休憩スペースがあったので、そこで一服…と、地図を見ながら歩き回り、雨が本降りになり始めたところで10番のティーショットをしばらく見学し、帰路につきました。
IMG_7161駐車場の奥に、マスコミの会見場が…(゜-゜)
扉開いてました。パシャリ。

日本オープン観戦記、これにて終了~^^


岐阜関カントリー倶楽部の過去の記事はコチラ

0

日本オープン最終日、ここまで来ると半分意地になって行って来ました。^ ^;
7年前の愛知CCの時は、家から近かったので、練習日も合わせて5日間通ったけど、岐阜関までは少し遠い。ただ、シルバースポンサーになって、コースまで5分の百年公園に車を停めれたのが良かった。

IMG_20171015_092516
最終日とあって、雨の中でも沢山のギャラリーが来ていました。松山は来ないし、石川は予選落ちするし、雨に降られたけど、やっぱり、日本オープンは、大会の規模が、他のレギュラーツアーとは全然違って、一見の価値アリ。

IMG_20171015_121635
ただ、風邪気味だったので、この日は1番と10番のティーショットを見て、後はハウスの2階のラウンジで過ごしました。お昼は、ハウス内のレストランで、スパイシー焼きそば。d(^-^)

IMG_20171015_113056
食事を終えると、ちょうど、最終組の池田・金谷組がスタートする所で、練習グリーンから1番ティーグランドは傘の山でした。

20171015_114645544 20171015_114651464
結果はご存知の通り、池田勇太が逃げ切り、2度目の優勝。15番のOBから、16番、17番とピンチの連続をしのぎ切り、18番のティーショットとバーディーパットは相当なプレッシャーだったと思いますが、さすがでした。d( ̄▽ ̄)

IMG_20171016_103310
日本オープンを観るのは、7年前の愛知CC以来。あの時は、3日目首位の藤田を武藤や石川、当時東北福祉大生の松山らが追う大混戦で、金庚泰が大逆転優勝した試合でした。今回は、松山欠場、石川予選落ちに、2日目以降、雨が降るという、大会でしたが、アマチュアの金谷君の活躍に、小平の追い上げなど、いい大会でした。

IMG_20171016_103405


岐阜関カントリー倶楽部の過去の記事はコチラ

0

3日連続の日本オープン。朝8時到着・・少し風邪気味・・
それでも、めったに見れない日本オープン。ガンバリマス・・

IMG_20171014_090821まずは、1番ホールのカフェで、カフェラテ飲みながら、ひとり作戦会議。決勝から2サムのワンウェイなので、1番ホールのティーショットをしばらく見ることに・・後ろから3Wで打って、楽々左のバンカーを越えるんだ・・(;^ω^)

20171014_104814821結局、悩んだ末に、トップの4打差の池田勇太を追いかけるのは、小平しかいないと思って、この日も小平、B・ジョーンズ組に付きました。小平のプレーは、東海クラシックで2回、京和で1回、岐阜関で2回と5回目。攻めのゴルフが見ていて面白い。

その小平は6番まで3アンダー。こりゃイケるかも?と思った7番のロングのティーショットを右に曲げてOB・・実際に見たけど、ボール1~2個の差でした。ここでダボ。これが痛かった。

20171014_121700289しかし、インに比べて、アウトはギャラリーが歩くところが、急斜面やアップダウンあって大変だった・・

ハーフ付いて疲れたので、ギャラリープラザで休憩。ラーメンを食べてたら、ゴルフ場関連の仕事をしている知り合いに遭遇。しばらく、話をしてると、「これ、今日明日は、もう使わないから、良かったら・・」とハウスパスを貰っちゃった。^ ^;

IMG_20171014_102400
その後は、今大会、最も難しい、普段はパー5をパー4にした10番ホールのティーショットを見学。右の林越えで、少しでも逃げると左のラフに入り、200Y以上残って2オンは難しくなる。各選手、右の林のとんでもない所を狙ってました。(^ ^ゞ

IMG_20171そして、せっかく貰った、ハウスパスでマスター室前に行くと・・あれれ・・元スプリングフィールドの副支配人だった塚本さんにバッタリ。(''◇'')ゞ 久しぶり~ということで、しばらく話をして、この日は終了~

ちなみに塚本さんは、現在イギリスのロンドンに居るそうです。

1+

予選2日目・・注目の石川遼は初日+2で61位タイ。予選のカットラインは60位タイということで、スコアを伸ばさないと予選落ちのピンチ。

IMG_20171013_093957お目当ての石川組は、7:26の早いスタート。コースに着いた時はすでにスタートして、追いついたのが14番のショートホール。この時点で、一番難しい10番でダボを打ち、一番やさしい11番もボギーで、トータル+5。最悪のスタート・・

IMG_20171013_095708それでも、14番でバーディーを取るも、15番ロングでティーショットを右バンカー。あごが高く、刻もうとするも、明らかにミスショットで数十ヤードしか飛ばない。長いサードショットはグリーンに乗らず、寄らず入らずのボギー。一方、同組の小平は楽々2オンのバーディー。

IMG_20171013_100958
結局、前半+4で、トータル+6になり、万事休す・・一旦、ギャラリープラザに付いたとたんに、土砂降りの雨・・飛騨牛丼を食べてこの日は終了~

IMG_20171013_100542
しかし、石川遼は、ちょっと酷かった。素人から見ても重症だね。ドライバーは曲がるし、アプローチではザックリするし、パターも入らない。案の定、77叩いて、予選落ち・・土日、楽しみにしてた人もいたと思うのですが、残念な結果でした。

0

先週は岐阜関カントリー倶楽部東コースで行われた、第82回日本オープンゴルフ選手権に行ってきました。日本オープンが岐阜県で行われるのは、1981年の日本ラインGC(東)以来、東海地区では2010年の愛知CC以来になります。残念ながら、昨年優勝した松山秀樹とアダム・スコットは欠場。その代わり、石川遼が日本復帰戦として出場しました。

IMG_20171012_095954
大会初日・・朝、会社に寄って10時に到着・・午後から仕事があるので午前中だけ。一応、スポンサーなので、百年公園の駐車場が使えたので楽チンでした。

聞いてた通り、西コースの1番を練習場にして、18番のグリーンをアプローチとバンカー練習場。フェアウェイをギャラリープラザにしている。( °o° )/

20171012_104916828コースに行くと、石川がパタ練中~周りは人で一杯。相変わらずの人気。(*^ー゚)b

20171012_111815206しばらく観て、ギャラリープラザに・・ギャラリープラザで、JGAの3大トーナメントで作ってくれる、ネームプレートを買って、ジャンボステーキ丼食べて・・石川、小平のティーショット見て、時間切れ。

IMG_20171012_104309今回の岐阜関の日本オープンは、これまで見たトーナメントと比べて、規模や施設は一番。テレビで見る、海外のトーナメントみたい。ただ、問題は天気・・

 

0

今年10月12日から始まる、第82回日本オープンゴルフ選手権を開催する、岐阜関カントリー倶楽部東コースに行ってきました。

DSC_0135
現在、大会に備えて、ゴルフ場正門の入口の道路を始め、コース内の至る所で整備が行われています。ハウス内のエントランスにも、オフィシャルグッズコーナーが設けられていました。

DSC_0133 DSC_0132 DSC_0134
プレーの方はBLUE TEEの6906Yに挑戦。毎回やらかす、鬼門の1番ロングはまたしても、右に吹けてOB・・打ち直しも林に・・朝イチから3回もティーショットを打ちました。幸い、2打目がセーフでしたがトリ発進。

DSC_0127
その後も前半は、計OB4発を打って52点。OB4発も50台も久しぶり・・ティーショットが全部左、左、左に・・フックとチーピンが直らない。

DSC05007
距離の方は、ロングとショートは、何とかなるのですが、問題はミドルホール。11番の330Y以外は、430Y、406Y、391Y、457Y、402Y、405Y、424Y、384Y、448Y・・8番の457Yと18番の448Yは、自分の飛距離では、ナイスショットしてもセカンドは200Y以上残って、パーオンは難しいですね。(^ ^;

DSC_0130
それでも後半は、ティーショットが安定して42点のトータル94は、前半を考えればキセキ的でした。日本オープンまで、残り約8ヶ月。岐阜県での開催は、1981年の日本ラインゴルフ倶楽部 東コース以来2度目の開催になり、今から楽しみです。

DSC_0142
おみやげに買ったのは、日本オープンのロゴが入った、ボールポーチ。最近、よくボールをなくすんです。(^ ^ゞ


岐阜関カントリー倶楽部の過去の記事はコチラ

0

p1000427
今日は、明日から愛知カンツリー倶楽部始まる、日本オープンゴルフ選手権の練習日に行って来ました。ギャラリー駐車場がない為、どうやって行くか、いろいろ調べた結果、地下鉄上社駅近くのコインパーキングに車を停めて(1日800円)、地下鉄で星が丘駅まで行き、無料送迎バスでコースに行きました。

p1000319
9時過ぎにコースに到着。すでにたくさんのギャラリーが来ています。やっぱり、練習日は写真撮影OKだし、選手も気楽にサインしてくれますからね。

ゴルフ場関係者の方にスタート表を見せてもらうと、奥さんお目当ての石川遼君は12:00インスタート。

1
スタートまで、2時間もあるので、とりあえずドライビングレンジへ・・・

p1000323
ここは黒山の人だかりです。人垣でほとんど見れないので、ギャラリープラザと10番スタートホールを行ったり来たり・・・すると、突然、ギャラリーの歓声!!石川選手登場!!

p1000350
残念ながら、ギャラリーがいる2階ではなく、1階の打席で練習を行った為、遠目でしか見れませんでした。そして、ここから始まる、民族の大移動・・・まずは練習グリーン。

p1000358
写真の右端に石川選手がいるのですが、グリーン周りはカメラを手にしたギャラリーだらけです。とにかく、石川選手が動くだけで人垣が動きます。

そして、練習ラウンドが始まると、石川選手と同じ事務所の山形陵馬選手の組だけは、すでに試合が始まっているようなギャラリーの数でした。

p1000366 p1000364 p1000372 p1000421
しかし、この組だけは、本番さながらの厳戒警備でしたね。他の選手は、普通に会話してくれたり、なかにはラウンド中でもサインに応じてる選手もいたのですが、さすがは石川 遼です。周りがそんなことさせません。

実際、いくら本人がサインをしたくても、このギャラリーの数でサインをしていたらパニックになって、ケガ人が出る恐れもあるので、しかたがないですね。

今日、ラウンドした10番から18番までで、自分が見た限り、サインをもらったのは、差し出した色紙を、係員がはねのけて、それを石川選手が拾ってあげた女の子ただ一人でした。ただ、他のほとんどの選手は気楽にサインの応じてくれます。上から鈴木亨選手、藤田選手、上井選手

p1000420 p1000424 p1000333
石川選手と並ぶ人気者の池田選手は、ラウンド終了後、クラブハウス前で大勢のギャラリーにサインをしてくれました。

p1000433
自分も何人かの選手にサインを貰いました。

p1000459
さて、肝心のコースの方ですが、やはり、フェアウェイは相当にしぼっています。ただ、思ったより、ラフの長さはないので(猛暑の影響??)、もしかすると、ここ数年の日本オープンよりスコアは伸びるかもしれないですね。

また、見る方の注意点とすれば、愛知CCは井上誠一氏の、自然を生かした設計で、ブラインドホールが多く、観戦道路にアップダウンがけっこうあります。

ひとりの選手に付いて周るよりも気に入った場所で、いろんな選手を見る方が楽しめるかもしれません。

さて、いよいよ明日は予選初日です。どんな結果になるでしょうか?


愛知カンツリー倶楽部の過去の記事はコチラ

0

10月14日から、第75回日本オープンゴルフ選手権を開催する愛知カンツリー倶楽部に行って来ました。しかし、開催が決まってから長かったですね・・・

p1060224
この間、コース改造はもちろん、駐車場や練習場の整備、日本アマや中部オープンの開催など、ゴルフ場関係者の方のご苦労は大変だったと思います。たった、四日間のトーナメントでこれほどまで準備が必要とは、さすがに日本一のゴルファーを決める大会です。

p1060157
この日は快晴。しかも、最近の猛暑に比較すると、幾分過ごしやすい気温です。開催まで2ヶ月を切った時期の、こんな日にプレーできるのはラッキーでした。

まず、日本オープン開催にあたって、ティグランドの変更やバンカーの設置などの改造は全て完成しています。通常営業と大きく違うのはPAR74を71で行うことと、アウトとインを反対にすることです。

NHKでのテレビ中継は15番ホールから18番ホールまで行うそうです。ということは、通常の6番ホールの319ヤードPAR4から中継が始まります。このホールは林越えでワンオンが狙えるホールです。

p1060176
しかし、グリーン右手前には深いバンカーと池があり、左が林になっているのでリスクが伴います。その時点での成績によって、挑戦する選手と安全に刻む選手とで分かれると思いますね。

18番ホールになる9番ロングは、ティグランドの段差をなくし、後ろに下げました。実際にティグランドから見て見ましたが、フェアウェイの幅が10センチぐらいにしか見えません。

p1060190
その他、猛暑で心配されたコースの状態は、ごらんのように素晴らしく、あとはラフを伸ばすだけの状態。グリーンは、一部整備が必要なホールはあるものの、まず本番には間に合うと思います。

今年は、この地方の各ゴルフ場は猛暑とゲリラ豪雨などで、芝の状態がボロボロのゴルフ場も多いのですが、さすがのコース管理です。

本番では各ホール共に相当ラフを伸ばすので、厳しいセッティングになると思います。この難コースでどんなスコアが出るか楽しみです。

さて、今回のコンペの参加賞はこちら ↓
日本オープン開催記念のキーホルダーです。さっそく、使わせて頂いています。

p1060225
また、当社は日本オープンゴルフ選手権のチケットを購入させて頂きました。来月、何らかの形でお客様にプレゼントさせて頂きますので、しばらく、お待ち下さい。


愛知カンツリー倶楽部の過去の記事はコチラ

0